スタッフブログ

2017/12/11 投稿

愛宕神社

港区のお寺様を訪問中『出世の石段』で有名な愛宕神社の前を通りました。弊社から徒歩で10分程ですが、中々伺える機会が無く、この機会を逃すまいと、お参りしてまいりました。
愛宕神社は、徳川家康公が江戸に幕府を開くにあたり、慶長8年(1603年)に江戸の防火・防災の守り神として、将軍の命を受け創建されました。

IMG_4145

『出世の石段』と言われている由縁は、江戸三代将軍の徳川家光公が、愛宕山の満開の梅を目にし『誰か、馬にてあの梅を取って参れ!』と命じました。しかし、ご覧の通り石段はかなり急な坂。馬に乗って上るなんて、とてもできそうにありません。そんな中、四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)が、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。この事で平九郎は家光公より称賛され、『日本一の馬術の名人』と讃えられ、その名を一日にして全国に轟かせたと伝えられています。そして、その一件以来、『出世の石段』と呼ばれるようになり、『出世の石段』を登ると仕事運アップ・出世運アップのご利益があると言われています。

IMG_4147

『出世の石段』は約45度の傾斜で、一段が約20センチ以上、さらに階段は86段もあります。なんとか登りきると愛宕神社に到着です。愛宕山は標高25.7メートルで、天然の山としては23区内で一番の高さとのことです。

IMG_4150

愛宕神社には愛宕神社は次のようなご利益があるとされています。火に関するもの、防火、防災、印刷・コンピュータ関係、商売繁昌、恋愛、結婚、縁結び、ご利益を願いお参りしてまいりました。

2017/11/30 投稿

義士祭

弊社出入りの泉岳寺様に「義士祭」のポスターが掲示されました。「義士祭」とは赤穂四十七義士が討ち入りをした12月14日に、赤穂義士供養のため毎年開催されています。一般的には赤穂浪士と言われることが多いですが、正しくは節義を堅く守る人という意味で赤穂義士と言います。当日は多くの参拝者が赤穂四十七義士の墓所に訪れ、終日参拝者が途絶えません。毎年「義士祭」のポスターを見ると、年の瀬が近づいてきたことを実感します。

IMG_4101
2017/11/23 投稿

運慶展

先日、今話題の運慶展を見に行ってきました。

IMG_2900

平日のお昼前にも関らず、入館まで1時間待ちの大盛況でした。
日本各地から運慶や運慶の父康慶、息子湛慶、康弁の作が一堂に会し、国宝や重要文化財が立ち並ぶ圧巻の展示でした。

最新技術により仏像内部の様子も明らかになり、歴史文化と同時に新しい研究結果を知ることができました。

2017/11/6 投稿

北海道のお客様

北海道にお住まいですが、お子様が都内在住なので、お墓は都内にというお客様とご縁をいただきました。北海道と東京と遠距離ではございますが、メールや電話でやり取りを重ね無事にお墓が完成し、お引渡しいたしました。お引渡し時に北海道のお土産を頂戴いたしました。

IMG_20171012_151010

お心遣いに感謝申し上げます。社員一同で美味しくいただきました。

2017/10/10 投稿

筆供養

先日、出入りのお寺様で「筆供養」が行われていました。

2

「筆供養」とは、役目を終えた筆に感謝し、筆作りのために毛を提供してくれた動物達の供養を行うとともに書道の上達を願い浄火の中に筆を投じる行事のことです。

2

筆塚では煙があがり、お経が響いています。この煙をかぶると字が上手くなると言われております。

5