墓地・霊園を探す

浄土真宗本願寺派 築地本願寺 和田堀廟所WADABORIBYOSYO

沿革

築地本願寺和田堀廟所は、築地本願寺の分院の一つで、杉並区永福にある浄土真宗本願寺派の寺院です。お墓参りは京王線、井の頭線「明大前駅」から徒歩10分、首都高速4号新宿下り線「永福」出口より約3分と、大変便利です。
大正12(1923)年9月1日、関東大震災により、築地本願寺の本堂も類焼するなどの被害を受け、築地本願寺境内にあった多数の墓地を移転する必要にせまられ、当時豊多摩郡和田堀の大蔵省管轄陸軍省火薬庫跡約1万2千坪の払い下げをうけ、昭和9(1934)年の冬に、築地本願寺の仮本堂を移築し、和田堀廟所が建立されました。その後、太平洋戦争の東京大空襲によってことごとく焼失してしまいましたが、昭和28(1953)年10月11日、本堂が再建され現在に至っています。和田堀廟所は歌人九條武子夫人や作家樋口一葉女史をはじめとする著名な文化人の墓所としても有名で、多くの参拝者が来所されます。

入口
内陣
樋口一葉墓所
墓地寸景
新規墓地
既存墓地

概要

所在地 東京都杉並区永福 1-8-1
管理者 宗教法人 築地本願寺
施 設 本堂・庫裡・客殿・駐車場
年次冥加金 1,800円~/年
宗 派 浄土真宗本願寺派(西本願寺派)
※過去の宗旨宗派は不問
交 通 京王線「明大前駅」より徒歩10分
井の頭線「明大前駅」より徒歩10分

墓地使用冥加金(永代使用冥加)

¥3,750,000~

資料請求・見学のご予約はお気軽にご連絡ください。 0120-081476 受付時間 9:30~18:30 水曜定休

この寺院をご覧になった方はこちらもご覧になっています。

場所で探す
宗派で探す