墓地・霊園を探す

浄土宗 興昭院KOUSHOUIN

沿革

興昭院は、東京都港区虎ノ門という都心に珍しく、背景には愛宕山を配しお墓参りの折には木々の緑、秋には紅葉など季節を感じられる寺院です。その歴史は古 く、天文2年(1533)本寺天徳寺が天地庵といって、紅葉山(現皇居内)に創建されたことに遡ります。 慶長16年(1611)天徳寺10世の時、西窪(現港区虎ノ門3丁目)の現在地に移転し、そのころ智相院(興昭院の中心)も創建され、寛永8年 (1631)随養院(興昭院の1つ)が開山されたと伝えられています。嘉永3年(1850)麹町5丁目より出火した火災で類焼、無住の教受院は再建でき ず、随養院と合併されました。
明治16年(1883)安政以来大破した随養院が再建され、随養院と教受院との両寺名を取って、随教院と変更されます。
大正12年(1923)関東大震災の時、智相院・随教院ともに焼失しましたが、阿弥陀三尊・不動尊・過去帳は持ち出し無事でした。
昭和3年(1928)智相院と随教院とを合併して智相山随教寺興昭院となり、昭和18年(1943)本堂上棟式を行い、以来都心には稀少な木造寄棟瓦葺の御本堂が現存し、静かにその歴史を刻み続けております。

本堂
本堂内陣
座敷

概要

所在地 東京都港区虎ノ門3-10-8
管理者 宗教法人 興昭院
施 設 本堂・庫裏・書院・座敷・駐車場・水道施設
管理費 12,000円/年
宗 派 浄土宗 ※過去の宗旨は問いません
交 通 地下鉄日比谷線「神谷町駅」3番出口より徒歩5分

完成引き渡し価格

ホームページからのご見学予約特典 墓石加工費 10万円分サービス お電話・メールにてご予約ください。 ※ご見学前に、弊社担当と御見学日時をお約束頂いた後にご成約のお客様に限ります。直接ご見学、ご紹介、ポータルサイト経由、寺院様ご案内後の場合には適用されません。

総額¥2,100,000~
総額には墓地永代使用料、墓石工事代(税別)
(石碑+彫刻運搬据付工事)が含まれます。
*納骨棺(カロート)は既設済みです。

資料請求・見学のご予約はお気軽にご連絡ください。 0120-081476 受付時間 9:30~18:30 水曜定休

この寺院をご覧になった方はこちらもご覧になっています。

場所で探す
宗派で探す
興昭院
浄土宗
港区
https://www.14109.jp/wp-content/uploads/2015/03/興昭院 本堂.jpg
所 在 地東京都港区虎ノ門3-10-8
交  通地下鉄日比谷線「神谷町駅」3番出口より徒歩5分
宗教宗派浄土宗 ※過去の宗旨は問いません
管 理 者宗教法人 興昭院
施  設本堂・庫裏・書院・座敷・駐車場・水道施設