スタッフブログ

高松での検品を終え、2日目は車で3時間ほど移動して愛媛県・大島で採石される「大島石」の採石場に行って参りました。

瀬戸内海の「しまなみ海道」を通過して採石場に向かいました。

  

まず山頂にある展望台に向かい、山屋さんから今回はどのあたりから採掘するのか、どのような石目になるのかを説明していただきました。同じ山から採れる大島石も、その場所により色の差などが大きく出るようです。

  

次に山頂から見ていた採石場に向かいました。

西日本で人気のある「大島石」は採掘量が多く、使用するショベルカーも人間と比較すればご覧の通りの大きさとなります。

  

大島石を採石するときは基本的に、切り出す大きさを決めて「ジェットバーナー」を使用します。
轟音と共に、熱風と石粉が舞いながらも、慎重に石のキズや岩肌を見ながら、一定の深さまで焼き切っていきます。

※「ジェットバーナー」…長い筒状の物で、灯油と空気を使用し、約1200℃の炎で少しずつ石を焼き切っていく道具です。

  

「ジェットバーナー」で焼き切った跡は非常に深く、深さは数十メートルに達することもあります。

  

次に原石ブロックを拝見させていただきました。
原石ブロックの検品の際は、石が研磨された状態をイメージしやすくする為に水をかけるそうです。

  

大島での見学を終え、帰りに瀬戸内海のしらす丼をいただきました。

  

代表的施工例では豊臣秀吉墓所、西郷隆盛銅像台、国会議事堂などに使用されています。
関東ではほぼお目にかかることのない「大島石」が関西に多いのは、採石技術の未熟さ、搬出の難しさなどから、一部の人のみが知る名石となっていたからだと言われております。
大変稀少な「大島石」にご興味がございましたら、「石徳」をご用命ください。

先日ご注文いただきました最高級墓石材「庵治石(あじいし)」が採掘されたと連絡があり、産地である香川県高松市まで検品に伺った様子です。弊社では採掘元の検品のみならず、弊社でも独自の基準で検品しています。

  

採掘される庵治石のうち、製品になるのは約3%、その中でも今回ご注文をいただきました「最高級品の細目極上」は、僅か1%ほどしか製品にはならないと言われています。加えて今回ご注文いただいた庵治石は、弊社のみならず、業界全体でも「過去最大級のサイズ」です。石が採りにくいことや大きくて良質の原石が少ないことに加え、斑の美しさを揃えて採るのが極めて難しいためです。弊社でも昨年ご注文をいただき、ようやく採掘元も自信を持っておすすめできる良石が採掘されたとの一報がございました。

              ご覧の通り、人と比べても圧倒的大きさを誇ります。

  

最初により良い石目に見えるようにパーツパーツでどれを正面にするかを決め、一度仮組みをして全体のバランスを見ています。
今回は屏風に電線の影が映ってしまい石目がうまく見えなかった為、一度クレーンで持ち上げて影がない状態で再度確認しました。

  

石の見え方を確認した後は棹石をクレーンで持ち上げ、お施主様が実際にお参りされる時の高さを想定した状態で確認を行います。

  

検品完了後、「庵治石 細目極上」が採れる採掘場に向かいました。
山屋さん曰く「ここ5年間で採掘された最大級の原石ブロック」とのことで「この先5年採掘してたとしても同じような巨大な原石が確保できるかは約束できない」と言われており、今後もさらなる確認作業が必要と思われます。

  

夜は高松にある創業47年を迎える老舗のステーキ店にて極上のステーキをいただきました。
新鮮な素材を最高な状態でいただけるのは鉄板焼きの醍醐味です。とても美味しくいただきました。

  

ホテルの窓からは瀬戸内海に沈む夕日を見ることが出来ました。

  

東京は梅雨入りで雨が多い日が続いていますが高松は天候にも恵まれ、最高の庵治石を最高の状態で検品を行うことが出来ました。
明日は、愛媛県に向かい大島石の採石場に向かいます。

ご注文をいただいている五輪塔の彫刻文字の大きさや配置の確認作業を行いました。

  

五輪塔を設置した時に最高の見栄えとなるように石目を確認します。
室内だと蛍光灯の光などによって石の模様や見え方が変わってしまう為、一度屋外に運んで改めて確認を行います。

  

手間のかかる作業ですが、お施主様が実際にお参りされる環境に近づける為、再度五輪塔を組み直します。

  

屋外での石の見え方を確認した後は、五輪塔をクレーンで持ち上げ、お施主様が実際にお参りされる時の高さを想定した状態で確認を行います。

  

組み上げたお石塔に原稿を貼り付けてみると、平面ではなく曲面(へこんだ曲面や張り出した曲面)になるので、バランスが変わって見えます。このため、原稿の大きさに微調整が必要となります。
元の原稿の梵字より少し大きくして彫刻した方が立派に見えますと職人に指示し、少し大きくした原稿を再度五輪塔に張り付けて確認を行いました。

  

最後に五輪塔を遠目に見て、梵字と五輪塔の全体のバランスを確認します。
このようなこだわりの積み重ねが、最終的には大きな差となって現れてくると考えております。

  

文字の大きさやバランスの確認を何度も行い、文字サイズを調整し、いよいよ彫刻作業へと進んでいきます。

  
庵治石は、国産高級墓石の最高峰と呼ばれていますが、その中でもきめ細かな模様の細目になるほど貴重品として扱われています。今回のお施主様のお墓は、最も稀少な最上級「香川県産庵治石細目極上」を使用しています。やはり「極上」は、非常にきめが細かく、庵治石独特の「フ(斑)」と呼ばれる模様がより鮮明に浮かんでいます。
※斑が浮くとは石の表面が二重の絣模様(かすりもよう)のように見えることをいいます。この現象は世界の石材の中でも他に類がないと言われ、庵治石特有の現象とされています。

私共もお施主様と同様、「香川県産庵治石細目極上」を使用した五輪塔の完成が楽しみです。

ご注文いただきました「庵治石(あじいし)」の検品に、庵治石の産地である香川県高松市庵治町まで、お施主様とご一緒し行って参りました。
工場では実際のお墓で使用する石をご覧いただきました。

まずは香川県の名産「讃岐うどん」をいただき、工場へ向かいました。

工場では実際のお墓で使用する石をご覧いただきました。

石の磨きは済んでいますが、細かい加工はお施主様のご了承をいただいてからとなります。
建立後により良い石に見えるようにパーツパーツでどの面を正面にするかを決め、一度仮組みをして全体のバランスを見ます。そこで私共から「石目が1番綺麗な面は、最初に目に入る側面にした方が良いと思います」とご提案させていただきました。ご提案をお受けいただき、石合わせも完了し、加工に進むこととなりました。

続いて庵治石の採掘場に移動し、採掘元の方に庵治石の説明をしていただきました。
あいにくの雨で車内からの見学となってしまいましたが、初めて見る採掘現場の光景に「やっぱりこの迫力は実際に来てみないとわからないね」とお施主様からご満足いただくことが出来ました。

帰りの飛行機では窓から富士山が見えました。神と崇められる富士の周りに広がる雲海の美しさは、まるで庵治石特有の「美しい斑模様」のように上品さと存在感を兼ね備え、神聖な丁場から産出される最高級石材の庵治石と同じようなものを感じさせます。
その仏様のような神々しい景色にお施主様も私共も改めて庵治石の素晴しさに気づくことが出来ました。

お施主様は墓石の色味に対するこだわりが非常に強くおありでしたので、ご自身でご確認いただくことをご提案させていただきましたが、吟味した素材に満足し、採掘元や加工する職人の庵治石への想いなどにも感銘を受け、非常にご満足されたようでした。私共もお施主様と同様にお墓の完成が大変楽しみです。

庵治石細目極上、最大級の原石のその後です。

原石をクレーンで吊り上げています。工場内でも圧倒的な大きさです。人と比較していただくと、どれほど大きいかお分かりいただけると思います。

普通はこのサイズの原石は採れないのだそうです。当初は石が採れないからと山屋さんに注文を断られておりました。ですが、こちらの山屋さんには何度となく庵治石細目極上の注文をさせていただいており、長年にわたり培ってきた信頼関係の下、何とか引き受けていただいたという経緯があります。そして今回のこの巨大な原石です。原石としてはここ5年間で最大級だそうです。山屋さんを信じて待っていた甲斐がありました。

加工した部材です。今回は外柵も庵治石細目極上で作成いたします。
こちらは屏風です。屏風はおおよそ、縦3.5尺(約106㎝)横8尺(約242㎝)と特大です。

大きいものは階段に(写真上)、小さく積みあがっているものは外柵の小柱になる予定です(写真下)。

一番採石が心配された特大の部材がゆっくりとですが形になってまいりました。全ての部材が揃うにはまだ時間がかかりそうですが、完成したら他に類を見ないお墓になると思います。お施主様はもとより私共も完成が待ち遠しいです。