スタッフブログ

現在、お寺様の中に残された無縁墓のお石塔を一所に集め、永代供養塔として長きに渡りお寺様が供養していくためのお手伝いさせていただいております。

明治以前の古いお石塔が多く、その銘文には「正保」「明暦」「寛文」などの元号が記されております。古いものでは1640年代のものも多く見られました。

永代供養塔の隣には仮の納骨堂があり、無縁仏となられた方のお骨が収められております。永代供養塔が完成した後にはこの仮納骨堂は撤去が決まっているため、弊社代表と工事に携わる職人達で無縁様に手を合わせました。

こちらが新しくお石塔を据える永代供養塔です。

欠損や剥離がないよう一つ一つ慎重にクレーンで運んでいきます。

完成まで心を込めて作業を進めて参りたいと思います。

2019/7/8 投稿

川端康成先生のお墓

実家のお墓は霊園の中にあります。とても広大な霊園なので、芸能界、文学界、梨園、その他著名な方のお墓が数多くあります。お墓参りの際、時々よそのお墓もお参りさせていただくことがあります。

この日は富士山がとても綺麗に見える区画にある、川端康成先生のお墓をお参りさせていただきました。
言わずと知れた日本の戦前・戦後を代表する作家です。その名前は日本のみならず世界中で知られています。

和型のお石塔の前に五輪塔がそびえる、変わった造りの墓所です。
墓誌にはノーベル文学賞を受賞した旨が彫刻されていました。

最近では「墓マイラー」という言葉生まれるなど、有名人のお墓参りがブームのようですが、お墓は飽くまでも亡くなられた方が静かに眠る場所であり、そのご家族にとって大切な場所です。
ルールを守ってお参りすることを忘れないように心がけたいと思っております。

2019/6/24 投稿

試作品の完成

昨年よりお打合せをさせていただいているお施主様の元へ、花立と水鉢の試作品をお届けに伺いました。
お施主様のご要望はかなりデザイン性の高いものであるため、試作品で雰囲気を確かめていただくということになりました。

最初は室内でご確認いただいておりましたが、蛍光灯の明かりでは雰囲気などが掴みづらいとのお話から自然光の下で改めてご覧いただきました。

実際に設置する高さと同じになるよう、階段に置いてみました。

お施主様はこの後実際に花束を入れてみるとのことでした。
ご納得いただけるものが完成するまで、お付き合いさせていただければと思っております。

2019/5/23 投稿

初夏

時期は少し早いですが、先日栃木県那珂川自然公園内のあゆの名所である「観光ヤナ」に行って参りました。
新緑が綺麗で、川の風が爽やかです。あゆの旬は初夏から夏で資源保護のため、11月-5月は禁漁となっているところが多いです。こちらは4月から営業はしていますが、7月中旬からヤナを設置しヤナ漁を開始するようです。

茨城県笠間市のかき氷屋さんにも立ち寄り、一足早い初夏を満喫しました。

2019/5/7 投稿

「令和」寺社巡り

令和になり初の寺社巡りに川越まで行って参りました。平成最後の日と令和初日は御朱印を求めて、多くの参拝の方がいらっしゃったとテレビ報道や出入りのお寺様からも伺いました。

まずは「徳川家光公誕生の間」「春日局化粧の間」があることで有名な喜多院を参拝しました。

続いて川越氷川神社です。すごい人です。
約千五百年前、古墳時代に創建されたと伝えられ、室町時代、太田道真・道灌父子によって川越城が築城されて以来は、城下の守護神・藩領の総鎮守として歴代城主により篤く崇敬されてきた神社です。

最後に川越熊野神社を参拝しました。
室町時代に紀州熊野本宮大社から分祀された開運・縁結びの神社です。

参拝のしるしとして、御朱印をいただきました。