スタッフブログ

2022/5/30 投稿

庵治石の庭

セルリアンタワー東急ホテルには、『閑坐庭』という名の庭園があります。禅僧であり庭園デザイナーの枡野俊明氏によるこの庭園は、国内最高峰の石「香川県産庵治石」を大小様々組み合わせ枯山水を表現しております。

香川県産庵治石は墓石のダイヤモンドと呼ばれ、世界最高級の石材です。中でも「細目極上」と呼ばれる石は、斑(ふ)模様が美しく光り輝く超一級品です。
弊社では庵治石細目極上を使用した建墓を多くご依頼いただいております。
和型建墓例1
和型建墓例2
洋型建墓例

また、庵治石のご注文をいただいた場合は、必ず現地に行き検品を行っております。
和型検品ブログ1
和型検品ブログ2
洋型検品ブログ
実際に自分の目で確認し基準を満たした石のみを使用することを徹底しており、特別のこだわりを持ってお客様にお勧めをしております。

庵治石細目極上での建墓をご検討の際は、是非ご相談ください。
※検品の様子や建墓例は他にもございます。HPの「スタッフブログ」「建墓例 お客様の声」をご覧ください。

2022/5/20 投稿

菖蒲と紫陽花

弊社が出入りをさせていただいております杉並区のお寺様は、「杉並百景」にも選ばれる風光明媚なご寺院様です。墓地には約500株の菖蒲と約100株の紫陽花があり、知る人ぞ知るお花の名所です。

厄除けのお寺として江戸時代から信仰を集め、現在でも地元の方からもとても親しまれてるご寺院様ですが、墓地をお譲りしていることはあまり知られておらず、お客様の中でも「分譲していることを知らなかった」と仰る方がとても多いことに驚きました。墓地は境内の奥に位置しており、とても静かな環境でお参りすることができます。墓地入り口の門をくぐると、左右に石灯篭と紫陽花が並ぶ回廊があり、時期によっては満開の菖蒲と紫陽花を両方楽しむことができます。

今はまだ開花が始まったばかりですが、5月下旬から6月にかけて、色とりどりの花を見せてくれることと思います。新規墓地の分譲はまだ募集しております。墓地の御見学は予約制にて承っておりますので、是非お問い合わせください。

2022/5/10 投稿

初夏の奥日光へ

奥日光を代表する滝「竜頭ノ滝」へ行ってまいりました。

竜頭ノ滝は、男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mに渡って勢いよく流れる渓流爆です。湯ノ湖の湯滝、中禅寺湖の華厳ノ滝とならぶ奥日光の三大名瀑の一つとして有名です。
滝つぼ近くにある大きな岩によって二つに分かれ、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたと言われております。滝を眺めながらお団子をいただき、ゆったりした時間を過ごしました。

こちらは日光国立公園にある「丸沼」です。

白根火山の溶岩のせき止めによりできた湖で、昭和28年には日本観光地百選湖沼の部で第一位に選ばれた奥日光の名称の1つです。片品村は白根山を源流とする湧き水が多く見られ「平成の名水百選」に選ばれています。子どもが小さい頃に、よく釣りをしに連れてきた思い出の場所です。久しぶりに訪れることができ、懐かしさでいっぱいになりました。
都心から車で約3時間、初夏のショートトリップを楽しみました。

2022/4/28 投稿

ついに上棟

昨年、オフィスの窓から見える風景として「虎ノ門・麻布台プロジェクト・A街区」のビルをご紹介いたしましたが、ついに上棟です。

▼2021年10月5日撮影

▼2021年10月23日撮影

▼2022年4月28日撮影

現在、あべのハルカスを抜き日本一の高さとなりました。

上棟とは、「建物の形態がおおよそ整った時点を指す言葉」だそうです。外観はほぼ完成し、これから内装などの工事が進んでいくのだと思われます。全てが完成する2023年が楽しみです。

2022/4/15 投稿

今年のお食事会

創業28周年を迎えて、スタッフ全員でお食事会を開催いたしました。今年は老舗の天ぷら屋さんです。

天ぷらは、いつも料理長さんにお願いして揚げてもらっています。今回も料理長さんとお弟子さんと楽しくお話をしながらお食事をいただきました。お弟子さんは最近まで京都本店で修行をしてたそうで、調理技術の他、お客様とのお話の仕方や礼儀作法などを学ばれたそうです。お客様にご満足いただくために、広い視野で学ばれる姿勢に感心いたしました。弊社も、次の1年もお客様にご満足いただけるよう日々精進してまいりたいと思います。